2007年03月30日

おたふく風邪がたった1日で治った!

埼玉県在住岡安ミチヨ


真夜中の2時半! 突然、7歳の次男が泣きながら寝室へ。眠い目をこすりながら、彼を見たら、耳の後ろを押さえ、「痛い!痛い!」と叫んでいるではありませんか!

翌日、風水花セミナーをひかえていた私に、いや〜〜〜な予感が・・・ 
「これは、もしかして、おたふく〜〜〜〜〜〜!!!!!」

そして、当たって欲しくない予感と裏腹に、どんどんとリンパが腫れ上がってきたのです。

もう、こうなったら必死に『神頼み!』
「どうか、おたふくが軽〜く済み、息子を1日面倒みてくれる人が現れますように!」

翌日、幸運にもご近所さんで面倒を見てくれる人が出現! 私も無事にセミナー会場へ出かける事ができたのです。

おたふくは高熱が出て、耳の後ろが腫れ上がり、その痛さで食べ物も食べれないと聞いていたので、ハラハラしながら家路に着きました。

息子のリンパはパンパンに腫れ上がり、それは蛙のほっぺと競うくらい立派なものでした。しかし、熱も殆ど出ず、見かけに比べとっても軽く、何と1日で完全に治ってしまったのです! 翌日には、食べ物も食べれるようになり、熱も全くなく、いつも通りの元氣な息子に戻りました!

これは、紛れもなく日ごろの栄養補強のお陰。

息子は、幼稚園の頃から、子供に最適の噛めて美味しい抗酸化物「チュアブル」を1日7錠、補酵素Q10がたっぷり入っている「スプリング」を1錠食べています。

栄養補強をする前は風邪を引きやすく、2ヶ月に1度はきまって医者通いしていたのが、今では全くの医者知らず!

先日も近所のお子さんもおたふくになりましたが、こちらもウルトラ級の腫れ具合でした。熱は出たものの、本人はいたって元氣! もちろん、「チュアブル」が大好きなお子さんです。

Michiyo's son
(おたふく風邪で巨大ほっぺになったけど、簡単におたふくを克服できた二人の元気な男の子(7歳)! 左から、ウルトラ級のおたふく体験をした近所のお友達の高本翔太君と私達お勧めの栄養補強で、病気知らずになったミチヨさんの次男の拓哉君。そのお陰で、ミチヨさんが仕事・育児・家事などで、益々大活躍できるように!)


クエスト社の栄養補強をしていると、いざという時にも症状が軽く済みます! 仕事をしているお母さんも、していないお母さんも、手のかからない子育てを体験してみてはいかがでしょう。 



★読むだけで元気に大感染!「超元気、幸せ、強運に、自分を最高に輝かせる情報と手ほどきが満載」の越山雅代と220ボルトシスターズの
「ホームページ」


★皆を超元気で強運にする達人の発想と実践法。超元気で強運な220ボルトシスターズのミラクルメンターが楽しく秘訣をシェアー
「楽天のブログ」


★@ウーマンでも、ブログ・デビュー!! 大人気だった越山雅代の過去に消され封印された、秘蔵のブログ内容が読める!
「越山雅代@ウーマン・ブログ 」


★エゴスキューのご紹介、その他、日本進出に関する情報などを掲載!
「エゴスキューのホームページ」


★エゴスキュー愛好者の皆さんの為のブログをスタート!
是非、ご訪問の上、コメントなどの投稿を♪
「エゴスキューやっている会?」


★エゴスキュー・メソッドの幾つかの肩のE-サイズの日本語資料(PDF)を無料贈呈中! (他では入手できない、私達だけの限定!!)

人間の筋肉や骨格の中で、動かす範囲も狭く、もっとも退化している部位と言われている『肩』の機能を回復させる数種のE-サイズ(彼らは、エクササイズとエゴスキューのEをかけて、「E-サイズ」と呼ぶ)をいくつか日本語で詳しく紹介。

この肩の日本語版E-サイズの説明と、今後、エゴスキューの日本での展開に関して、随時、動きの最新情報を受け取りたい方は、こちらから登録を

エゴスキューやE-サイズに関する簡単な説明は、こちら



******************************

最新情報が得られ、読むだけで元気になると大好評のメルマガを発信中!まだご登録いただいていない方は、こちらからどうぞ:【越山雅代と220Vシスターズのメルマガ】知らなかったら損する!『世界最新!元気・強運ライフへの処方箋』

******************************

心と体の栄養補強、「ナノボタニカ」スキンケア、越山雅代と220ボルトシスターズのホームページ、ボディをクリックし、『栄養補強解毒食品』『スキンケア』その他の情報へ。

******************************
posted by 越山雅代 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(^^)
『おたふく風邪.com』を運営している木下と申します。
http://www.otahukukaze.com

こちらの記事を闘病記として紹介してもよいか確認したく
直接コメントさせていただきました。
実際におたふく風邪を患った子供の体験を紹介することで
同じ心配をしているお母様方の助けになると考えております。

御了解頂けるようでしたら
折り返し記事の掲載方法の詳細をご連絡差し上げますので
何卒よろしくご検討をお願いいたします。
Posted by おたふく風邪.com at 2008年10月21日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。