2007年01月26日

膠原病、すい炎を薬なしで克服させた、母親から始まった栄養治療

「母親が元気になると家族も皆元気に」「栄養補強で医者も治せない難病も簡単に治った」という体験談は沢山あります。

広島のHさんは、21歳のお嬢さんが難病とすい炎で入院中で、食事もせず、点滴だけで生きていた状態。それで、 私の「健康大革命」を本屋で見つけ、いても立ってもいられなくて、私の大阪の講演会に飛ん来られました。

お嬢さんは昔から体が弱く、よく入院を繰り返し、沢山の薬を使用し、医者の言いなりになっていたけど、良くなるすべはなし。この時は入院して医者のアドバイスで、絶食状態。お嬢さんをどうにかして元気にしたいと、涙ボロボロの真剣なお母さんの様子を今でも思い出します。

このような早くお嬢さんを助けたいと切羽詰まっているお母さんにも、私はいつもと同じ事を繰り返しました。「突然お嬢さんにこの栄養補強食品を食べなさいと言ったって、絶対食べないから、まずはお母さんが飲んで元気になる事。そうすると、自分の体験からお嬢さんに説明もできるし、説得力が出る。

そして、本当に不思議で、お母さんが元気になると、お母さんが前向きな発想ができ、優しく、行動的になる。すると、ちゃんとその変化をお嬢さんも家族も察し、自分も飲みたいと言ってくるから、大丈夫」とね。

すると、この素直な学校の先生でもあるお母さんはそれを実践し、体調がみるみる内に好調に。また、激痛の椎間板ヘルニアで病院で全治3ヶ月と診断された71歳のおばあちゃんも飲んだ所、2日後に痛みが激減し、歩けるようになり、6日後には、畑でクワを使い農作業を始めたのでした。そして、御主人も、もう1人のお嬢さんも栄養補強で元気パワーに。

すると、それを知った、入院中のお嬢さんは、栄養治療をする事に合意し、飲みやすい、ヒールという液体と噛める抗酸化物のチュアブルを口に入れ始めたのです。それから、あっという間によくなり、1ヶ月後には見事退院。

そして、大学に戻り、たまたま専攻していた、栄養学を勉強し、自分の今までの経験を他の人達に活かそうと燃えています。さて、またまた、お母さんから始まった、家族の変身と、薬なしでの、栄養治療での奇跡の話をのぞいてみましょう!

***************************

21歳の娘は、15歳の時に「結節性紅班」という病気にかかり、ステロイド系の薬を使って治療し、その薬を2年間飲み続けました。副作用もあり、この治療が終わってから半年後、急性すい炎にかかり、入院治療と薬を飲みながら、大学受験をし、大学に合格して、家から離れた都市で一人暮らしをしていました。

今年の夏ごろから体調を崩し、高熱、赤斑、下痢が続きました。通院しておりましたがとうとう入院治療となりました。そこで、腸管ベーチェットという病気も見つかり、結節性紅班も腸管ベーチェットも膠原病の一種なので完治しにくいと言われました。2ヶ月近い入院後、退院して大学に戻りました。

しかし、二週間ほどですい炎をおこし、命にかかわることもあるからと緊急入院しました。元の病院にも戻り治療を始めましたが、すい臓のアミラーゼの正常範囲が120まだなのに、1280もあり、もうどうして良いのか分かりませんでした。すい臓に負担をかけないようにと絶食をして、その代わり栄養を点滴で入れていました。私は心配でたまらず、涙涙の毎日でした。

その頃、私はサプリをとり、体に良い事を実感していましたので、サプリで治せないものかと菊池さんに相談させていただき、チュアブルとヒールを摂ることにしました。娘は今までにもいろいろと勧めても飲みませんでしたが、チュアブルを少しづつとり始め、1週間経つ頃には、「元気が出たみたい」と言い出し、少しづつ量を増やして行きました。

1ヶ月経った頃には、アミラーゼが200台になりました。上がっていた肝臓の数値も正常になりました。入院した頃の検査で胆のうに泥の様なものがあるので、胆のうを手術で取ることも言われていたのですが、その泥もなくなっていて、とても嬉しかったです。

退院して自宅療養になり、他の栄養補強も加え、すぐに学校に戻る事が出来ました。そして、休みの度に帰郷する娘は、私よりずっと元気になり、大学で頑張って栄養学を勉強しています。

越山さんの講演にもでかけ、ビル・モンローさんのリーディングを受け、本当に良かったと、とてもとても感謝しています。さらに、こうして元気になった娘を見て、どんな力が働いたのかと思いながら、まわりの方々に凄く感謝しております。

とにかく、薬を飲み続け、体の中に薬がたまり、ここまで悪くなってしまった事を思うと薬でないものを使って元気にしたいと考えておりました。こんなにいいサプリに出会えたことをとても嬉しく思います。

私も凄く体調がいいです。家族全員で栄養補強と解毒をすることで、元気になれることを学びました。また、信じて前向きに考えることの大切さも学び、いろいろな事を教えてくださった皆様に心から感謝しております。

*************************************

posted by 越山雅代 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

集中力とやる気アップ、健康で優秀な子に。イライラ母さん脱出!...
Excerpt: 育児ノイローゼ、産後の鬱、マタニティーブルーなどは、出産によるホルモンのバランスの乱れが原因で起こると言われています。ところが、私達お勧めのバランスの良い栄養補強で、お母さんが心身共に元気になると、子..
Weblog: 日本女性が元気になると日本は変わる:      220ボルト...
Tracked: 2007-01-26 12:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。