2007年02月14日

誰も知らない歯周病、噛み合わせ、歯の健康問題の改善方法(2)

昨日に続きです。好奇心一杯の私が色々研究し、下記のことが分かったのです!!


1。日本では治療法がないといわれている歯周病や歯茎のブヨブヨは栄養不足。(ビタミンCが不足の、壊血病。また、皮膚を作り健康にする補酵素Q10やその他の沢山の栄養素なども不足)それで、賢い栄養補強をすると、歯茎が超簡単に健康なピンクに。

2。栄養不足や糖尿などでも歯茎がブヨブヨになり歯の間がすき、出っ歯になるが、栄養を補強すると歯肉が引き締まり、安定して出っ歯も改善。

3。子供の歯もグチャグチャに生えているのは、これも栄養不足なので、クエスト社の子供用の抗酸化物チュアブルなどを与えたら、直ぐ改善し、理想の状態で生え始める。

4。虫歯は歯が酸でボロボロになる事。栄養補強をすると、唾液のPH(酸度)が理想のアルカリ度に上がり、虫歯になりにくくなる。だから、虫歯の予防の為、体に非常に悪い毒物のフッ素を歯にぬって子供を病気にするより、栄養補強をして、歯の健康を保つ方が明らかに賢明。(明日はその見事な体験談をご紹介しますので、お楽しみに)

5。また、唾液のPH(酸度)も健全な状態に保たれ、歯石などができづらくなり、歯や歯肉が健全な状態に保たれる。

6。体の中のPH(酸度)も健康で理想に近くなるし、口の中のPHも理想になるので、口内炎ができにくくなる。

7。私はクエスト社の「神様からの贈り物」と呼ばれている、賢い栄養補強の他に、アメリカ製の天然のベーキングソーダを歯磨き粉として使い、歯磨きと口の中のアルカリ度を上げる目的でも使い、ついでに舌もブラシします。

8。もし、口内炎ができたら、上記のクエスト社の栄養補強の抗酸化物である「ガード」を増やす事。そして、塩とベーキングソーダを混ぜたもので、うがいをしたら治りが早い。賢い栄養補強をしている人は殆ど、口内炎もできませんが。


★賢く栄養補強をしている人達は、体と心だけでなく、上記の理由で歯の問題も少なく、大助かり!!これからの時代の賢い生き方です。


★エゴスキュー愛好者の皆さんの為のブログをスタート!
是非、ご訪問の上、コメントなどの投稿を♪
「エゴスキューやっている会?」



posted by 越山雅代 at 07:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。