2007年01月25日

花粉症、200種のアレルギーを簡単に克服した実体験

越山雅代 シカゴ在住


最近は「花粉症」で、とても多くの人達が色々試行錯誤。それで、今日はそれを見るに見かねた、昔「アレルギーと花粉症の女王」の私が、その名をらくらく返上できた、驚きの実体験をシェアしますね。

1。私は子供の頃から慢性鼻炎とかで、何年間も学校の帰りに耳鼻科に通院。しかし、どうした事か、アレルギーも花粉症も加わってしまったのです。

ある時は、花粉症であまりにくしゃみをして、鼻の奥の太い血管が切れ、鼻血が止まらず、救急病院に。また、アメリカでルーバーブという食べ物に反応を起こし、突然体中の皮膚が5ミリ位赤く膨れ上がった事も。

また、アメリカに来たばかりの時は、栄養が偏った、添加物が一杯の食べ物ばかりを食べ、しっかり、日本でいうアトピーにもなりました。また、体質改善の注射にあまりにも熱心に通い過ぎ、気管が突然腫れ、救急病院に運ばれた恐ろしい経験も。危なく、呼吸困難におちいる所でした。

アレルギーのテストでも、200種の物に反応。もっと色々な物でもテストをしたら、簡単に何百は間違えなし。とにかく、タバコの煙、ホコリとかに簡単に反応するので、日常生活も大変で、何年間も花粉のシーズン中は床に伏していた程です。

2。でも、私は絶対に諦めない性格なので、とにかく、化学の薬から始まり、アレルギーの専門医、体質改善の注射を日米で合計8年。様々な栄養補強とサプリメント、キニシオロジー、ホメオパシー、針、食事療法、エネルギー治療、カイロ、指圧などなど、改善の可能性がありそうな事はすべて体験。

また、歯の噛み合わせと歯の詰め物の水銀も、健康問題に大いに影響すると聞き、9ヶ月という時間とお金もかけ、下の4本を除き、すべてセラミックのクラウンにしました。日本人で私ぐらい健康追求で色々試した人は、他にいないだろうと思います。

良いものが有ると聞けば、西へ東へ、南へ北へ、地球の反対側まですっ飛んで、(可愛そうに)夫のロブも巻き込んで、自分と彼を実験台に、とにかく様々な事を試しました。でも、今お困りの皆さんのように、画期的物には出会えなかったのです。

3。ところがです。12年前、ある「抗酸化物」が、私のアレルギー問題(花粉症もアレルギーの一種)をいとも簡単に改善!それで、非常に感激した私は、この凄い物を興奮して色々な人に勧め始めました。

私はあまりの感激で自然に皆に教えて上げている内に、結局は10万人のメンバーの中で、5年間成績が一番に。私と一緒に1000件ぐらいの医者もこの栄養治療を患者さんに勧めていましたが、私がどの医者よりも多くの人達に紹介し、沢山の人達を助けた事に。

teeth.jpg
(左は20年前に審美と噛み合わせの為に変えた、世界的に有名な田中朝見先生の手による、私の歯と健康な歯茎。

右は、成績一番で、ウイーン招待旅行での受賞式の写真。私は5年間いつも一番で、9回世界旅行に招待されました。実はこれは本職でもなく、あまりに凄い物なので、ただ興奮して皆に紹介してて、こうなってしまったのです)


とにかく、「この栄養治療で多くの人を簡単に救える」という事に確信をもった私は、早くこれらの栄養食品を日本の人達に知らせたかったのです。しかし、社長の性格的な問題で、私の願いは却下され、自由に日本に送る事も規制されました。(商品の凄さで一時は500億円位にも達したこの会社は、今現在、閉鎖秒読み)

しかし、ラッキーな事に、日本用にこれより凄い姉妹品を開発する事に成功。そして、私の「日本を元気にしたい」という夢にかけて、ある人達が会社を作ってくれ、『神様からの贈り物』と呼ばれる、この画期的な栄養補強食品を日本に送るのが可能に。

4。ところが、私のアレルギーや花粉症が相当よくなっても、まだ、時々出る事がありました。そして、「毒の蓄積」も大きな原因だと発見。

歯の治療やワクチンから来る水銀のような重金属や薬、添加物、保存料。シャンプー、化粧品など、毛穴を通して体に入る化学物質などの毒物が、肝臓と腎臓などの内蔵や脳などに溜るのです。それで、「肝腎要」と書く、重要な肝臓と腎臓が機能を果たせなくなり、体にも沢山の支障をもたらします。

しかし、またまたラッキーな事に、「アメリカ一の毒と自然治療の権威」である、ロスの歯医者さんが私の懇願に答えて、日本人用に特別な解毒用食品を作って下さったのです。

5。私はこれらのハーブによる栄養補強と解毒で、とうとう、長年悩んだ、花粉症、アレルギー体質から、簡単におさらばできたのです。これらの体験から学んだ事は:

1)最近は土の中に十分な栄養がなく、食べ物自体に人間の健康な体に必要な栄養が不足。

2)多くの人達が栄養の基本的な知識を持たず、食事が炭水化物や糖分などに偏っている。

3)それに加えて、先ほど説明したように、体の中は毒物が蓄積。

4)「ある栄養は不足」と「ある栄養は過多」で、私達は「現代型栄養失調」。そして「毒の蓄積」で、体が本来持つ「自然治癒力、免疫力」発揮が不可能に。

5)植物(ハーブ)の効果的活用で、栄養補強も解毒もでき、健康になれる。

6)栄養は単独プレーでは活躍できないので、最高のチームワークで体に入れるべき。

私の成功の鍵は、「見事な栄養のチームの最高のチームプレイ」でした。稀に見る強力な栄養の最強チームが体に入ると、超スピードで体の中を掃除(浄化)、修繕し、みるみる内に、本来の治癒力や回復力を高めます。

ですから、アレルギーや花粉症だけでなく、意外な体の他の色々な問題も、同時に消えてしまうのです。それも、私のようなせっかちも、感激するような早さで。



posted by 越山雅代 at 09:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。