2007年01月31日

PMS(生理前症候群)からの解放

ぽよよんまま


栄養補強を始めてから、体調がとても良くなりました。まず、昨年デビューした花粉症が、3日で軽くなり、わずが1週間で全く症状がでなくなりました。その後、インフルエンザにかかった時も、ガードを多めに飲んで、2日で完治。一番嬉しかったのは、20年間苦しんでいた、PMSから開放されたことです。

生理前になると、体がむくんで2キロ近く体重が増加。胸はパンパンに張って痛いし、腰痛、腹痛はもちろんのこと、顔に吹き出物もたくさん出ていました。また、とてもイライラして感情のコントロールが出来ず、苦しんでいました。そして、生理が始まると、1、2日目は、とにかくお腹が絞られるように痛くなり、痛み止めがなくてはいられない状態で、寝込んでいました。

そのほかにも、無性に甘いものが食べたくなり、板チョコを一気に食べてしまったり、かりんとうを一袋食べてしまったりということをしていました。

栄養補強を始めてすぐの生理の時は、症状は変わらずだったのですが、血の塊のようなものや、臭くて汚い色の血がたくさんでました。あぁ、これで、毒を出しているんだなぁと、次の生理を楽しみに待っていたところ・・・

何と、以前のような症状が全くなくなっていたのです!!これには、本当に驚いてしまいました。生理前後にこれだけ快適に過ごせたのは始めてのことです。奇跡が起きた!としか言いようがありません。


herb.jpg
(私達が使っている、 「真の女性解放食品」に入っているハーブ。左上、たんぽぽ。右上、チェイスツリー。左下、アンゼリカ。右下、ブラックコーホーシュ)


クエスト社の製品は本当に素晴らしいです。PMSや子宮内膜症で苦しんでいる友達にも自信を持って薦めています。

また、ナノボタニカのスキンケアも使っているのですが、これまた凄い!の一言に尽きます。私の場合、10日間程、好転反応がありましたが、先に栄養補強で体験済みなので、うきうき待つことにしました。その結果・・・毛穴がきゅっと引き締まり、プリプリモチモチのお肌になりました。少しだけ色白になったような気がします。使い始めてまだ、わずか1ヶ月でこの変化!

ナノボタニカセットは、たっぷりの容量で、多めに使っても4ヶ月はもちそうです。香りもよく、毎日エステ気分で、お手入れが楽しいです。まだ使っていない方は、ぜひぜひ、この奇跡を体験していただきたいと思います。

雅代さん、シスターズの皆さん、この素晴らしい製品を日本に伝えてくださって、本当にありがとうございます。
posted by 越山雅代 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

諦めないで!「潰瘍性大腸炎」もあっという間に克服!

横浜市在住 美佐


私が、『潰瘍性大腸炎』と診断されたのは約15年前のこと。ストレスから下痢が止まらなくなり、そのうちに下血もでてきて、あっという間に入院。その頃はトイレに駆け込むのが1日20回近くあったと思います。

ずっと薬を飲み続け、ここ3年ぐらいは主婦湿疹やアトピー症状など、いろんな症状がでていて困り果てていたときにネットサーフィンで雅代さんのブログを知り、思い切って薬をやめ、クエスト社の栄養補強を開始しました。

去年の夏から急にあせもができ、本当にひどい状態で皮膚科でもらったステロイドでしのいでいたのですが、今年またすごいあせもが突然できてしまいました。でも栄養補強を始めたとたん、スーッとひいて行き、一週間位で、すっかりきれいになってしまいました。

おまけに、偏頭痛もなくなったし、ジムにいっても筋肉痛も軽いし、私にもミラクル体験続出!

腸の方は好転反応か、下痢と出血がどんどんひどくなり、とても外に出られる状態ではない感じがしばらく続きましたが、皮膚やその他の症状が劇的に良くなったため、不安は感じませんでした。

栄養補強開始して1ヶ月後、下痢は止まりかけていたところで、ヒールとメンドというハーブの解毒用食品も開始。するとまたジャンジャンバリバリとトイレとの往復が始まり、そこに吐き気と頭痛も加わり、好転反応の嵐!

そんななか、途中経過報告として体験談を雅代さんのサイトの掲示板に書き込んだところ、雅代さんから直接メールで、上部頚椎アジャストを勧めいただきました。正直言って、充電会やブログの中で雅代さんが勧めていても、なかなか腰が上がらなかったのです。

でも雅代さんの「栄養補強でも簡単に治るけど、良いことは沢山やったほうがいい。」という言葉に目からウロコで、早速出かけました。

栄養補強開始2ヵ月後、出血はまだあるけれど、下痢はおさまりつつありました。辺泥先生が「潰瘍性大腸炎やクローン病の人はこの腰の骨が閉じてるんだよ。だから、広げれば下痢は治っちゃうよ。」といいながら腰の骨を調整してくださいました。すると、その日から(!)下痢は治まったのです!もう、本当に嬉しくてしばらくはトイレで普通の便を見るたびに「ふっふっふっ」と笑いが。。。(怖)

辺泥先生曰く、五臓六腑(ごぞうろっぷ:東洋医学で、肺・心・肝・腎・脾の五臓と大腸・小腸・胃・胆・膀胱・三焦の6腑)はそれぞれ兄弟関係にあって、腸の兄弟は肺だそうで、肺というのは悲しみの臓器とのこと。だから、腸を悪くしてしまった原因としてすごーく大きな悲しいことがあったんじゃないの?とこれまたぴったりと言い当てられてしまいました。実は、人間関係のトラブルがあったのです。

雅代さんも、心の問題も全部出すのよー!と仰ってたし、もう、お二人には何でもお見通しだな、と感心してしまいました。

私がここまで良くなったのは、栄養補強・解毒用ハーブ・頚椎アジャストといった物質や技術だけではなく、それに携わる人の思いとか、少しでも良くなった時に一緒に喜んでくれる人たちのお陰だと思うんです。

そして、とにかく良いということは何でも実践しようと、行動したからこそ、体も良くなり、素晴らしい人たちに出会え、行動することの大切さを今ひしひしと感じているところです。

雅代さん、辺泥先生、そして夏休みで帰省中にも関わらず、私のことを気にかけて、携帯から何度も連絡を下さったシスターズの杉浦かおりさん、本当にありがとうございます。もっともっと良くなるぞーっ
posted by 越山雅代 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

栄養補強で簡単に禁煙も禁酒もでき、体に悪い物が欲しくなくなる!(2)

意外なおじさん達の、昨日の「禁煙成功物語」は凄かったですね。

効率良い栄養補強で、楽に禁煙できるだけでなく、もっともっと色んな良い変化の報告が届いています。昨日からの続きをどうぞ。

★★★ 雅代のコメント ★★★
1。人間の体は本当に不思議で、よい栄養を効率的に与えると、体がどんどん自分の治癒力を発揮し、味覚、臭覚なども鋭くなり、自分の体に良い物を欲し始め、悪い物に関心がなくなります。ですから、努力を一切必要とせずに、自分の体に合わない物、タバコやアルコール類を欲しくなくなってしまう人が沢山です。

2。多くの人達に起きているように、私は大好きだった一日8〜10杯のコーヒー、夫のロブは炭酸飲料とポテトチップス、私の60年来の大酒飲みの父はお酒を一切口にしなくなりました。私も母も、あれだけ好んだチョコレートや甘い物をあまり食べなくなりました。

3。また、健康体になった人は皆、本能的に体に悪い添加物や油などが一杯の、ファーストフードや添加物一杯のお菓子、パン、コンビニの食べ物なども、食べたくなくなり、美味しくなく感じるようになります。無理矢理食べたら、吐き出すか、下痢を起す人も沢山です。

4。そして、好みに大きな変化が起こり、生の野菜が大好きになったり、酢の物や果物を欲するように。それに、今まで飲めなかったお水が、とてもとても美味しく感じるようになるのは本当に面白いです。

5。驚きなのは、体がある健康レベル以下の子供は、噛める栄養のラムネと呼ばれている、チュアブルを与えると、美味しくないと言って拒否します。これは、子供の危険信号で、この子達は通常お菓子、炭酸飲料、ジュース、添加物一杯の食品などが大好きで、野菜などが大嫌いの偏食の「現代型栄養失調」で、体に相当の毒物などが溜まっています。

それとは反対に、チュアブルを初めて食べた時、喜んで食べる子や、大好きでその後も沢山欲しがる子は、健康な証拠。チュアブルを食べれば食べる程、ますます健康ですくすく成長し、心身共にもとても安定した、優しい、頭のよい病気と縁のない子供になります。そして、生の野菜などを欲しがり、ボリボリ喜んで食べ、体によくないお菓子などは美味しくないと言って、本能的に食べたがりません。

賢い子育てと栄養の情報はこちらから。

6。アメリカでは生の野菜をスナックとしてよく食べます。人参、セロリの棒切りにピーナッツバターをつけて食べたり、カリフラワー、ブロッコリー、キュウリ、ズッキーニ、甘いタマネギ、ミニトマトなどを、小さな小鉢のようなのに入れたドレッシング「ディップ」に、ちょっとディップして(軽くつけて)食べるのが日常茶飯事です。

飛行機の中でも、袋に入った小さい人参がスナックで出てくる位、アメリカ人は日本人より、ずっと生の野菜を摂取。私達も栄養補強で身体が健康になってくると、自然と体に良いものを欲するようになり、嗜好品と医療費への出費が激減します!!

7。重要な事は、お母さんが体調がよく、疲れず、イライラせず、優しくなり、子供達も精神的に落ち着き、心身共に優秀で健康で健全な成長を始める事です。ご主人もお酒やタバコも止めたりし、体が好調で協力的になり、皆が明るい、愛情一杯の理想の家庭に変化します。賢い栄養補強は本当に人生に「奇跡」を起すのです!

posted by 越山雅代 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

栄養補強で簡単に禁煙も禁酒もでき、体に悪い物が欲しくなくなる!(1)

「努力なしの、禁煙成功」の嬉しい、3つの成功体験談を紹介。しかもどれも、私の講演会にも来ず、私の本も読まず、自分勝手に飲み始めた「頑固なおじさん」の成功例ですから、スゴイのです!!


1。嬉しいことがありました   a-cさん    

こんにちは。嬉しいことは うちの夫に起きたことです。クエスト社のサプリを飲み始めて1ヶ月半ですが、中でも「ガード」を気に入って、「これはオレに合ってる気がする」と 毎日山ほどガードを口に放り込み・・毎日 長時間トイレに籠もって子どもに臭い臭いと悲鳴を上げさせ・・・ついに タバコから手を離すことに成功しました!

彼と知り合ってから20年近いですが、病気を発病しても 誰に何を言われても 絶対できない、と言い張っていたのに 「ごくごく自然に吸いたくなくなった」のだそうです(^^)思わぬ効果にびっくり。そして 大、大、大、感謝&感激です。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします!!


2。父が禁煙できました。    匿名希望    

どんなにサプリメントを勧めても全く飲む気の無かった父ですが、孫が生れて、「孫のために禁煙する!」と宣言。しかし、50年間も毎日2箱以上吸うほどのヘビースモーカーで簡単には禁煙できません。

そんなときに、ガードで禁煙した方がいるというお話しを聞きここぞとばかりに、「この食べ物食べ続けるとニコチンが体から出て、禁煙が簡単になるらしいよ」と、教えたら、とても真面目に毎日6粒づつのみ続け、最初はたばこと併用という感じだったのですが、その内、「たばこがおいしくない」と言う様になり 約三ヶ月で本当にすっかり止めてしまいました! 

赤い雪が降っても、父がたばこを止めることはないと 思っていた家族は本当にびっくり!ガード様様です。 良いもの紹介いただき、ありがとうございました。


3。うちの父も禁煙できました!  真希   

消えそうな煙草で次の煙草に火をつけるほどの、チェーンスモーカーで、ヘビースモーカー歴50年の父。今まで、二度の禁煙に失敗していましたが、今回、私が送り続けていたネオガードで禁煙に成功しました。

きっかけは、父の友人が禁煙に失敗し、父がひやかしたところ「自分が止めてから言え」と言われたことらしいのですが、「タバコやめるって言ってるよ」と母から聞いた時、ガードでできると思った私は、とにかく、ガードを真面目に飲み続けるよう伝えました。

父は頑固で、私が送り続けているサプリメントも勝手に思いつくまま飲んだりしていたようなのですが、ガードは意外と真面目に飲み続けていました。そして、三ヶ月で、さほど苦もなく、本当にタバコをやめてしまったのす。「多分寝言」と全然本気にしていなかった家族中がびっくり!煙草が吸えないほど体調が悪くなったのか?と心配したほどです。

タバコをやめると「太る」といわれますが、父はそういったこともなく、内臓が非常に楽になり、母の話では、ひどい往復いびきも減ったというのです!肺や呼吸器が楽になったのでしょうね。

今は、送っているサプリメントを全て、真面目に飲むようになり母はタバコのヤニで壁紙が汚れなくなったことも喜んでいて一石何鳥?の父の禁煙です。


quest.jpg
(彼等が「日本を元気にしたい」という私の夢の為に、「神様からの贈り物」と言われる、奇跡を起す栄養補強食品をアメリカから日本に送れるようにしてくれた人達。左が副社長のテレサ、真ん中がサポートセンターの割田さん、右が社長のクレッグ。誰も気取らず自然体で、「人々の御役に立てるのが本当に嬉しい」と言う、最高の仲間達。

右は、クエスト社の「神様の贈り物」の一部。噛める栄養のラムネ、チュアブルの写真や、解毒のヒールとメンドは出てない)


効率よく体に栄養を与えると、簡単に禁煙ができるだけでなく、自分でも思ってもみなかった良い変化が起こるのです。一体何かな? 私からのコメントは明日をお楽しみに!

posted by 越山雅代 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

60歳で1ヶ月で7年間の半病人生活から脱出し、パソコンも開始!

「うーん!真の健康は自分解放と自分発揮だ」と、うなるような体験談が寄せられました。何と、わずか1ヶ月で様々な健康問題が解消し、7年間の半病人から脱出。そして驚くかな、気力も活力も出て、60歳でパソコンをあっと言う間に学び、この体験談を自分で書いて、送ってくださったのです。それも、全てたったの1ヶ月の内の出来事!!

また、文章を読むと、ユーモアたっぶり。とても、7年間半病人で、もぬけの殻とは思えない、明るさ、聡明さ、素晴らしい感性、文章力!本当に賢い効果的な栄養補強は、「眠っている不自由な巨人」を、あっと言う間に、「イキイキと輝く活動的な巨人」にするのだなあと、感動のため息をつきました。

彼女の変身ぶりを知り、真の健康は本当に「人間解放/女性解放」だともつくづく思います。この女性の、今は心も体も魂も元気で、毎日動き回り、前向きに建設的に活動され始めた様子が、美しく爽やかで、多くの人達に刺激と希望を与えてくれます!ブラボー!!

★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆
(愛知、S. T.)

私は、7年前に主人を亡くしてから、すっかり気力とやる気が無くなり、もぬけの殻のようになってしまい、それから、ずっと半病人の状態で、体があまりにも冷えて、外出することができませんでした。

病院などに行くのに、どうしても外出しないとならない時には、ブランケットで体を覆わないと寒くて、出かけることができませんでした。ですから、1年中風邪をひいていました。そんな中、嫁いだ娘がインターネットで検索して、この栄養補強に出会い、直ぐに注文してくれました。

製品が届くと、直ぐに娘の所に取りに行き、早速、その場で飲んでみました。すると、驚いたことに、夜、家に帰った時に、いつもなら暗闇でよく見えないはずの目が、よく見えるではありませんか!これには、本当に驚きました。

それから、日に日に元気になって、皮膚も赤みがさして来ました。また、歯肉が寝ている間に締まって来ているように感じます。

1ヵ月後の今、ふと気がついたら、肩こり、腰痛、関節の痛み、極度の手足の冷え、脱毛症気味、風邪をひきやすいなどの症状も、見事に改善!以前は、汗など全然出なかったのに、額からしたたり落ちて出るようになりました。

さらに、ずっと出かけていても、疲れず、元気一杯で、まるで夢のようです。一晩寝ると、すぐに回復し、次に持ちこたえられるようになりました。また、体が元気になったので、精神的に非常に前向きになったと思います。

健康になると、自分の意志が持てるようになり、全てのことを前向きに捕らえられ、健康的な考え方が出来るということを体験。今は、コンピューターを覚え、メール交換したり、雅代さんのブログなどを読むのも楽しみの1つでもあります。

娘も、足のかかとが、いつもカサカサしていたのですが、栄養補強を開始したら、もう皮膚のカサカサが改善。

さて、待望の雅代さんの講演会!大阪は雨の御堂筋じゃない、雨の森之宮で小雨にけむった1日でしたが、何せあの雅代さんにお会いできると言う嬉しさからか、気持ちは何日も前から大阪に向きっぱなしで、そのせいか超早めに到着!

以前の私は冷房が体にこたえるので、喫茶店にもめったな事では入ることがなかったのですが、なぜか自信あり。スタコラ1時間半も長居の客人をこなしたのですよ。体はちょっぴしシャーベット状でしたが、ふーむ何のこれしき状態。自分でも1ヶ月の栄養補給でこんなに自分が心身共に変わった事にびっくり!

何せ1晩寝て起きるごとに力と喜びが体にみなぎる気がします。そして、びっくりは雅代さん!良くなった目でまじまじと拝見させて戴きました。日本人離れした長い足、緑の黒髪に天使の輪。そしてあの素晴らしいセラミックの歯、、、。でも1番の感動は雅代さんという人間そのもの。

人間本来の自在力を使うとこうなれるのだと言う見本ですね。体中から活力が溢れ、言葉も目からも、力と知力のビーム光線が発せられていました。日本や世界中の人を元気に、そして才能を開花させてもらいたいという熱い想いをひしひしと感じました。

私は栄養補給して体が機能を取り戻しつつある事を感じていますが、60にもなってから目や歯肉や他の組織が良くなる事はないと言う固定観念が崩れたことは、私にとってものすごい体験でした。雅代さん、有難うございます。

posted by 越山雅代 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

膠原病、すい炎を薬なしで克服させた、母親から始まった栄養治療

「母親が元気になると家族も皆元気に」「栄養補強で医者も治せない難病も簡単に治った」という体験談は沢山あります。

広島のHさんは、21歳のお嬢さんが難病とすい炎で入院中で、食事もせず、点滴だけで生きていた状態。それで、 私の「健康大革命」を本屋で見つけ、いても立ってもいられなくて、私の大阪の講演会に飛ん来られました。

お嬢さんは昔から体が弱く、よく入院を繰り返し、沢山の薬を使用し、医者の言いなりになっていたけど、良くなるすべはなし。この時は入院して医者のアドバイスで、絶食状態。お嬢さんをどうにかして元気にしたいと、涙ボロボロの真剣なお母さんの様子を今でも思い出します。

このような早くお嬢さんを助けたいと切羽詰まっているお母さんにも、私はいつもと同じ事を繰り返しました。「突然お嬢さんにこの栄養補強食品を食べなさいと言ったって、絶対食べないから、まずはお母さんが飲んで元気になる事。そうすると、自分の体験からお嬢さんに説明もできるし、説得力が出る。

そして、本当に不思議で、お母さんが元気になると、お母さんが前向きな発想ができ、優しく、行動的になる。すると、ちゃんとその変化をお嬢さんも家族も察し、自分も飲みたいと言ってくるから、大丈夫」とね。

すると、この素直な学校の先生でもあるお母さんはそれを実践し、体調がみるみる内に好調に。また、激痛の椎間板ヘルニアで病院で全治3ヶ月と診断された71歳のおばあちゃんも飲んだ所、2日後に痛みが激減し、歩けるようになり、6日後には、畑でクワを使い農作業を始めたのでした。そして、御主人も、もう1人のお嬢さんも栄養補強で元気パワーに。

すると、それを知った、入院中のお嬢さんは、栄養治療をする事に合意し、飲みやすい、ヒールという液体と噛める抗酸化物のチュアブルを口に入れ始めたのです。それから、あっという間によくなり、1ヶ月後には見事退院。

そして、大学に戻り、たまたま専攻していた、栄養学を勉強し、自分の今までの経験を他の人達に活かそうと燃えています。さて、またまた、お母さんから始まった、家族の変身と、薬なしでの、栄養治療での奇跡の話をのぞいてみましょう!

***************************

21歳の娘は、15歳の時に「結節性紅班」という病気にかかり、ステロイド系の薬を使って治療し、その薬を2年間飲み続けました。副作用もあり、この治療が終わってから半年後、急性すい炎にかかり、入院治療と薬を飲みながら、大学受験をし、大学に合格して、家から離れた都市で一人暮らしをしていました。

今年の夏ごろから体調を崩し、高熱、赤斑、下痢が続きました。通院しておりましたがとうとう入院治療となりました。そこで、腸管ベーチェットという病気も見つかり、結節性紅班も腸管ベーチェットも膠原病の一種なので完治しにくいと言われました。2ヶ月近い入院後、退院して大学に戻りました。

しかし、二週間ほどですい炎をおこし、命にかかわることもあるからと緊急入院しました。元の病院にも戻り治療を始めましたが、すい臓のアミラーゼの正常範囲が120まだなのに、1280もあり、もうどうして良いのか分かりませんでした。すい臓に負担をかけないようにと絶食をして、その代わり栄養を点滴で入れていました。私は心配でたまらず、涙涙の毎日でした。

その頃、私はサプリをとり、体に良い事を実感していましたので、サプリで治せないものかと菊池さんに相談させていただき、チュアブルとヒールを摂ることにしました。娘は今までにもいろいろと勧めても飲みませんでしたが、チュアブルを少しづつとり始め、1週間経つ頃には、「元気が出たみたい」と言い出し、少しづつ量を増やして行きました。

1ヶ月経った頃には、アミラーゼが200台になりました。上がっていた肝臓の数値も正常になりました。入院した頃の検査で胆のうに泥の様なものがあるので、胆のうを手術で取ることも言われていたのですが、その泥もなくなっていて、とても嬉しかったです。

退院して自宅療養になり、他の栄養補強も加え、すぐに学校に戻る事が出来ました。そして、休みの度に帰郷する娘は、私よりずっと元気になり、大学で頑張って栄養学を勉強しています。

越山さんの講演にもでかけ、ビル・モンローさんのリーディングを受け、本当に良かったと、とてもとても感謝しています。さらに、こうして元気になった娘を見て、どんな力が働いたのかと思いながら、まわりの方々に凄く感謝しております。

とにかく、薬を飲み続け、体の中に薬がたまり、ここまで悪くなってしまった事を思うと薬でないものを使って元気にしたいと考えておりました。こんなにいいサプリに出会えたことをとても嬉しく思います。

私も凄く体調がいいです。家族全員で栄養補強と解毒をすることで、元気になれることを学びました。また、信じて前向きに考えることの大切さも学び、いろいろな事を教えてくださった皆様に心から感謝しております。

*************************************

posted by 越山雅代 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

花粉症、200種のアレルギーを簡単に克服した実体験

越山雅代 シカゴ在住


最近は「花粉症」で、とても多くの人達が色々試行錯誤。それで、今日はそれを見るに見かねた、昔「アレルギーと花粉症の女王」の私が、その名をらくらく返上できた、驚きの実体験をシェアしますね。

1。私は子供の頃から慢性鼻炎とかで、何年間も学校の帰りに耳鼻科に通院。しかし、どうした事か、アレルギーも花粉症も加わってしまったのです。

ある時は、花粉症であまりにくしゃみをして、鼻の奥の太い血管が切れ、鼻血が止まらず、救急病院に。また、アメリカでルーバーブという食べ物に反応を起こし、突然体中の皮膚が5ミリ位赤く膨れ上がった事も。

また、アメリカに来たばかりの時は、栄養が偏った、添加物が一杯の食べ物ばかりを食べ、しっかり、日本でいうアトピーにもなりました。また、体質改善の注射にあまりにも熱心に通い過ぎ、気管が突然腫れ、救急病院に運ばれた恐ろしい経験も。危なく、呼吸困難におちいる所でした。

アレルギーのテストでも、200種の物に反応。もっと色々な物でもテストをしたら、簡単に何百は間違えなし。とにかく、タバコの煙、ホコリとかに簡単に反応するので、日常生活も大変で、何年間も花粉のシーズン中は床に伏していた程です。

2。でも、私は絶対に諦めない性格なので、とにかく、化学の薬から始まり、アレルギーの専門医、体質改善の注射を日米で合計8年。様々な栄養補強とサプリメント、キニシオロジー、ホメオパシー、針、食事療法、エネルギー治療、カイロ、指圧などなど、改善の可能性がありそうな事はすべて体験。

また、歯の噛み合わせと歯の詰め物の水銀も、健康問題に大いに影響すると聞き、9ヶ月という時間とお金もかけ、下の4本を除き、すべてセラミックのクラウンにしました。日本人で私ぐらい健康追求で色々試した人は、他にいないだろうと思います。

良いものが有ると聞けば、西へ東へ、南へ北へ、地球の反対側まですっ飛んで、(可愛そうに)夫のロブも巻き込んで、自分と彼を実験台に、とにかく様々な事を試しました。でも、今お困りの皆さんのように、画期的物には出会えなかったのです。

3。ところがです。12年前、ある「抗酸化物」が、私のアレルギー問題(花粉症もアレルギーの一種)をいとも簡単に改善!それで、非常に感激した私は、この凄い物を興奮して色々な人に勧め始めました。

私はあまりの感激で自然に皆に教えて上げている内に、結局は10万人のメンバーの中で、5年間成績が一番に。私と一緒に1000件ぐらいの医者もこの栄養治療を患者さんに勧めていましたが、私がどの医者よりも多くの人達に紹介し、沢山の人達を助けた事に。

teeth.jpg
(左は20年前に審美と噛み合わせの為に変えた、世界的に有名な田中朝見先生の手による、私の歯と健康な歯茎。

右は、成績一番で、ウイーン招待旅行での受賞式の写真。私は5年間いつも一番で、9回世界旅行に招待されました。実はこれは本職でもなく、あまりに凄い物なので、ただ興奮して皆に紹介してて、こうなってしまったのです)


とにかく、「この栄養治療で多くの人を簡単に救える」という事に確信をもった私は、早くこれらの栄養食品を日本の人達に知らせたかったのです。しかし、社長の性格的な問題で、私の願いは却下され、自由に日本に送る事も規制されました。(商品の凄さで一時は500億円位にも達したこの会社は、今現在、閉鎖秒読み)

しかし、ラッキーな事に、日本用にこれより凄い姉妹品を開発する事に成功。そして、私の「日本を元気にしたい」という夢にかけて、ある人達が会社を作ってくれ、『神様からの贈り物』と呼ばれる、この画期的な栄養補強食品を日本に送るのが可能に。

4。ところが、私のアレルギーや花粉症が相当よくなっても、まだ、時々出る事がありました。そして、「毒の蓄積」も大きな原因だと発見。

歯の治療やワクチンから来る水銀のような重金属や薬、添加物、保存料。シャンプー、化粧品など、毛穴を通して体に入る化学物質などの毒物が、肝臓と腎臓などの内蔵や脳などに溜るのです。それで、「肝腎要」と書く、重要な肝臓と腎臓が機能を果たせなくなり、体にも沢山の支障をもたらします。

しかし、またまたラッキーな事に、「アメリカ一の毒と自然治療の権威」である、ロスの歯医者さんが私の懇願に答えて、日本人用に特別な解毒用食品を作って下さったのです。

5。私はこれらのハーブによる栄養補強と解毒で、とうとう、長年悩んだ、花粉症、アレルギー体質から、簡単におさらばできたのです。これらの体験から学んだ事は:

1)最近は土の中に十分な栄養がなく、食べ物自体に人間の健康な体に必要な栄養が不足。

2)多くの人達が栄養の基本的な知識を持たず、食事が炭水化物や糖分などに偏っている。

3)それに加えて、先ほど説明したように、体の中は毒物が蓄積。

4)「ある栄養は不足」と「ある栄養は過多」で、私達は「現代型栄養失調」。そして「毒の蓄積」で、体が本来持つ「自然治癒力、免疫力」発揮が不可能に。

5)植物(ハーブ)の効果的活用で、栄養補強も解毒もでき、健康になれる。

6)栄養は単独プレーでは活躍できないので、最高のチームワークで体に入れるべき。

私の成功の鍵は、「見事な栄養のチームの最高のチームプレイ」でした。稀に見る強力な栄養の最強チームが体に入ると、超スピードで体の中を掃除(浄化)、修繕し、みるみる内に、本来の治癒力や回復力を高めます。

ですから、アレルギーや花粉症だけでなく、意外な体の他の色々な問題も、同時に消えてしまうのです。それも、私のようなせっかちも、感激するような早さで。



posted by 越山雅代 at 09:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

健康のこと

自然療法は大事。

今の日本では化学療法に重点が置かれていますが、欧米では自然療法と平行して行われています。

日本には古来から自然療法がちゃんとあったのですが、化学万能主義に流されて、いまではすっかり自然療法が下火になっています。


だけど、その良さを見詰め直すためにこのブログを作りました。

私達の自然療法でどのくらい変化が現れたのか、わたし達のもとへ寄せられた多くの健康体験談を皆さんにもお伝えして行こうと思います。

どうぞ、お楽しみに!
posted by 越山雅代 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。